ペレットストーブ  【MT-311 SUMITA】  <<生産終了>>


薪ストーブ風のスタイルでありながら

全面からの吹き出しを止め、清音重視の設計をしたFF式ストーブ。

 

輻射熱をより効率よく部屋に広めるため

ECO-fan(電源:温度差発電)との併用がお勧め(オプション)。

もちろん温度調整も可能。

 

薪ストーブの手間を省きながらも薪ストーブチックなライフスタイルを味わ

いたい方にお勧め。

書斎に、寝室に、茶の間に、台所に・・・

 

燃焼効率88%でお財布にもエコなモデル。
(0.4kg/H 時10kgにて約25時間 : 一日中燃やし続けても450円)

主暖房、補助暖房としても使い方いろいろ。

(やかんは含まれません。念のため)

 

基本セット:   

     本体価格  19万8千円 (税別)

            +基本配管セット 2万円 (税別)
             ((90度エルボー・スライド管・排気管・壁面金具)

 

※基本配管工事費 2万円~ (設置方法により)

 

 
使用燃料 ペレット種類 全木ペレット・ホワイトペレット ※使用ペレットによる設定調整は不要
サイズ 外形寸法 W400×D430×H800(mm) (排気口除)
重量 約60kg
構 造 給排気方式構造 強制給排気方式
構造 燃焼炉・燃料タンク分離型(燃料タンクユニットは熱くなりません)
熱交換方式 自然対流式
蓄熱方式 燃焼炉に厚板鋼板を採用し高い蓄熱性能
タンク容量 約10kg
暖房能力 暖房目安 最大15畳程度※暖房面積は建築条件により変わります。
消費量 0. 4~0.8kg/H(無段階調節)
暖房能力 最大時:消費カロリー(全木ペレット3,940kcal/kg)3,152kcal/h
    燃焼効率88%暖房出力3.2KW/h(10kg袋12時間)

最小時:消費カロリー(全木ペレット3,940kcal/kg)1,576kcal/h

    燃焼効率88%暖房出力3.2KW/h
操作方法 点火方式 手動点火
点火方法 ①着火材に点火②電源スイッチを入れる③ペレットスイッチを入れる(着火時のボリュームは小)※点火操作は1~2分程度
温度調節 ペレットダイヤルにて、無段階調節
空気調節 空気調整ダンパーにより調整(通常は調整不要)
電 力 電源 AC100V   50Hz・60Hz
消費電力 常時36W ※停電時は車載バッテリーでの運転可能(DC-ACインバーター必要150W推奨)
安全装置 感震装置 手動復帰式 感震装置(東京消防庁認証)
過電流 ヒューズ 5A 1本
消化後制御 主電源を切った後20分間に排気ファンが停止します。(冷却運転)
メンテナンス 灰除去 灰受皿を1週間に1回程度 (毎日8時間燃焼)
炉内排気筒掃除 炉内のシャッターを引き上げススを掃き出す(シーズンオフ)
排気管掃除 シーズン終了後、掃除機でススの吸い取り
メーカー(販売店) メンテナンス 基本的に不要
※長期間使用により、ファンにホコリが溜まった場合は必要
設 置 使用配管 FF2重管(外形110φ・内径75φ)
設置工事 壁面に給排気管を通す穴を開け、壁面金具で給排気管を固定(立上げ不要)
炉台 不要(底面・側面は熱くなりません)
※灰掃除による汚れ・装飾用にオプションあり
温度上昇
(外気温19°)
排気温度 150℃(最大燃焼時)
本体背面温度 22℃(最大燃焼時)
燃焼炉側面温度 (左遮熱板)上部69℃  (右遮熱板)上部58℃
燃焼炉天板温度 220℃
壁内排気管温度 45℃


 

< 軽井沢 M様邸 >

MT-311 (軽井沢 M様宅)

 

< I社様 事務所>

Exif_JPEG_PICTURE

オプション&消耗品

mt-311 オプションa
故障かな?と思ったら
 

現象

原因と対策

作動しない
 ・電源プラグがコンセントから抜けていませんか?
  → 電源プラグをコンセントにしっかり差し込んでください。
ペレットが落ちてこない 
 ・(初めて使用する時の場合)
  → ペレット送り部に充てんされるのに、約15分程度かかります。
    しばらく待ってください。
 ・電源スイッチは入っていますか?
  → 電源スイッチ、ペレットスイッチを入れてください。
 ・ペレットタンクにペレットは入っていますか?
  → ペレットを補給してください。
 ・燃料タンクに粉がたまっていませんか?
  → 掃除機等で粉を取り除いてください。
 ・燃料タンクに異物が詰まっていませんか?
  → 異物を取り除いてください。
 ・燃料が切れた後にペレットを補充したばかりですか?
  → ペレット送り部に充てんするのに、時間がかかります。
    しばらく待ってください。
 ・感震装置はセットされていますか?
  → 地震等揺れを感じると感震装置が作動します。揺れがおさまったら、
    感震装置をセットしてください。
    初めて使用する場合、出荷時は感震装置がロックされています。
    ロックを解除してから、セットしてください。
着火時に煙が充満する
 ・給排気管にエンドキャップが付いていませんか?
  → 給排気できずに、室内に煙が漏れてしまいます。
    エンドキャップを取り外してください。
 ・給排気管が詰まっていませんか?
  → 給排気できずに、室内に煙が漏れてしまいます。
    給排気管を掃除してください。
 ・電源スイッチは入っていますか?
  → 給排気できずに、室内に煙が漏れてしまいます。
    電源スイッチを入れてください。
 ・煙管が詰まっていませんか?
  → 排気できずに、室内に煙が漏れてしまいます。
    付属の煙管バネブラシで掃除してください。
ペレットに着火しない
 ・燃焼ポットが正しく取り付けられていますか?
  → 燃焼ポットを正しく取り付けてください。
 ・燃焼ポットは掃除してありますか?
  → 灰がたまっていたり、穴が灰でふさがっていると吸気できず
    着火しません。
    付着した灰を取り除き、穴が塞がっていないか確認してください。
 ・着火材が少なくないですか?
  → 着火材を増やして、再度着火作業を行ってください。
 ・燃焼スイッチを「入」にするのが早すぎていませんか?
  → 確実にペレットに着火してから燃焼スイッチを「入」にしてください。
 ・ペレット燃料が湿気ていませんか?
  → 湿気ていないペレットを使用してください。
 ・電源スイッチは入っていますか?
  → 排気ファンが回っていないと、空気が流れず着火しません。
    必ずスイッチを入れてください。
運転中に消火した
 ・ペレットの投入量が少なすぎませんか?
  → ペレットによって火力が異なりますので、燃焼状態を確認しながら、
    ペレットダイヤルを大き目に合わせ、再度着火作業を行ってください。
 ・ペレットタンクにペレットはありますか?
  → ペレットを補給してください。
 ・燃焼ポットに灰がたまっていませんか?
  → ペレットによって灰が多いものがあります。
    吸気できずに燃焼しにくく、消火することがあります。
    灰を取り除いてください。
 ・電源はきていますか?
  → 電源を確認してください。
過熱防止装置が働いた
 (警報ブザー・ランプ点灯)
 異常燃焼等でストーブ内部が90℃異常になると作動します。
 ブザーが鳴り、過熱警告ランプが点灯し、ペレットの供給を停止します。
 ・前方に遮へい物はありませんか?
  → 遮へい物があると温風の吹き出しを妨げてしまい、
    本体が熱くなってしまいます。
    遮へい物を取り除いてください。
 ・吸気口金網がホコリで詰まっていませんか?
  → 熱交換できずに本体が熱くなってしまいます、
    掃除機でホコリを吸い取ってください。
 ・給排気管が詰まっている、または閉じていませんか?
  → 給排気管を確認してください。
    過熱防止装置が働くと、ペレット供給が止まり、
    ストーブ内部が90℃以下になるとブザー停止、
    過熱警告ランプ消灯、ペレットの投入が開始されます。
    (自動復旧します。)
    必ず原因を解決してから、ご使用ください。
    上記項目を確認しても原因がわからない場合は、ご連絡ください。
    ペレットによって火力が異なりますので、燃焼状態を確認しながら、
    ペレットダイヤルを大き目に合わせ、再度着火作業を行ってください。
 ・ペレットタンクにペレットはありますか?
  → ペレットを補給してください。
 ・燃焼ポットに灰がたまっていませんか?
  → ペレットによって灰が多いものがあります。
    吸気できずに燃焼しにくく、消火することがあります。
    灰を取り除いてください。
 ・電源はきていますか?
  → 電源を確認してください。
燃焼中の炎が上に
 あがらず左右に暴れる
 ・燃焼ポットが傾いていませんか?
  → 消火し、燃焼ポット・炉内がさめてから、
    燃焼ポットをしっかり取り付けてください。
燃焼ポット内のペレットが
 すぐにいっぱいになる
 ・燃焼ポットが傾いていませんか?
 → 消火し、燃焼ポット・炉内がさめてから、
    燃焼ポットをしっかり取り付けてください。
 ・燃焼スイッチは入っていますか?
  → 空気不足で不完全燃焼してしまいます。
    燃焼中は必ず燃焼スイッチをいれてください。
 ・ペレットの投入量が多すぎませんか?
  → 投入量が多すぎると、不完全燃焼してしまいます。
    燃焼状態をみながら、調整してください。
    *炎の先端が炉内天井に触れる程度が最大火力と考えます。
◆煙やにおいがする
 ・初めて使用するとき、塗料のやけ、ホコリのやけなどで煙やにおいがする
  場合があります。
  → しばらく窓を開けて、換気してください
    それ以外で、煙やにおいが発生する場合はお問い合わせください。
 ・扉はしっかり閉まっていますか?
  → 燃焼中は、しっかり扉を閉めてください。
◆ペレットタンクが
 結露する
 ・煙管パイプの掃除はしていますか?
  → 煙管パイプが詰まってくると、
    排気できずに火がタンク側に上がってしまいます。
    月1~2回程煙管を付属のバネブラシで掃除してください。
 ・給排気管が詰まっていませんか?
  → ススまたは異物で詰まってしまうと、
    火がタンク側に上がってしまいます。
    給排気管を確認し、掃除してください。
◆ペレットタンクから
 煙が出る
 ・煙管パイプの掃除はしていますか?
  → 煙管パイプが詰まってくると、
    排気できずに火がタンク側に上がってしまいます。
    月1~2回程煙管を付属のバネブラシで掃除してください。
◆ガラスが真っ黒にすすける
 ・燃焼スイッチは入っていますか?
  → 空気不足で不完全燃焼してしまいます。
    燃焼中は必ず燃焼スイッチをいれてください。
 ・ペレットの投入量が多すぎませんか?
  → 投入量が多すぎると、不完全燃焼してしまいます。
    燃焼状態をみながら、調整してください。
    *炎の先端が炉内天井に触れる程度が最大火力と考えます。
 ・給排気管は詰まっていませんか?
  → 排気ができずに、ガラスが煤けてしまいます。
    ススなど掃除してください。
    鳥などが侵入して給排気管を塞いでしまうこともあります。
    取り除いてください。
ア・ソリューション(A・so!:アッソー)が取り扱いますペレットストーブの販売、設置工事、メンテナンス及びペレットの販売を行っております。
ご購入、設置に関するご相談は、お近くのメンバー店へご連絡ください

ア・ソリューション(A・so!:アッソー)メンバー店

■有限会社フィット 
   〒393-0023
   長野県諏訪郡下諏訪町富ヶ丘6750 
   Tel:0266-26-1400  Fax:0266-26-1401

株式会社 日岐光学 
   〒394-0005
   長野県岡谷市山下町1丁目10番10号
   Tel: 0266-22-8353  Fax:0266-23-1796

有限会社 ZETT
   〒392-0013
   長野県諏訪市沖田町2丁目63-2
   Tel:0266-54-3347  Fax0266-54-3348

株式会社 D.R Pocket
   〒393-0004
   長野県諏訪郡下諏訪町382-1
   Tel:0266-78-8660  

<拠点>
■有限会社フィット 
   〒393-0023
   長野県諏訪郡下諏訪町富ヶ丘6750 
   Tel:0266-26-1400  Fax:0266-26-1401
     下記取組による「信州省エネパートナー」に登録されました。
     【事業内における取組・活動】
     ◆ペレットストーブ導入(3台)
           ◆Hybrid Pelet Stove等省エネ機器の開発、販売促進
     【県民に対する普及啓発活動】
     ◆ペレット、ペレットストーブ等省エネ機器の展示や解説
     ◆顧客に対する節電・省エネアイディア、意見募集、製品化

ページの先頭にもどる