アスペクト変換レンズ : TSAシリーズ

■アスペクト変換レンズ

 

TSAシリーズ

1996年両側テレセントリックな関係を保ちながらにしてアスペクト比を0.5倍にしたテレセントリックレンズを開発。

この度、お客様のたってのご要望にお答えして製品化の運びとなりました。
 

全域最外角MTFが50本/mmにて50%以上を確保したこのレンズはディストーションでも全域にわたり ±0.072%以下と優れた特性を確保しております。

 

 

TSAシリーズ

項目 TSA-0510/50-C-11
光学倍率 0.5 1.0
有効撮像寸法 6.6×8.8mm
視   野
通常
1/3”=3.6(V)×4.8(H)
1/2”=4.8(V)×6.4(H)
2/3”=6.6(V)×8.8(H)
視野=CCDカメラ有効撮像寸法(縦。横)
 
上記式により求められます。
効撮像寸法は素子により異なりますのでカメラご確認の上導出下さい。
作動距離 55mm
物像間距離 243.5mm
バックフォーカス 57.59mm
F  値 F/1.9 F/2.5
歪曲収差
1/3”
1/2”
2/3”
 
-0.016%
-0.032%
-0.072%
 
-0.002%
-0.006%
-0.021%
フランジバック 17.526mm
マウント形状 C
フィルターサイズ  

 

TSAシリーズ

1996年両側テレセントリックな関係を保ちながらにしてアスペクト比を0.5倍にしたテレセントリックレンズを開発。

この度、お客様のたってのご要望にお答えして製品化の運びとなりました。  

全域最外角MTFが50本/mmにて50%以上を確保したこのレンズはディストーションでも全域にわたり ±0.072%以下と優れた特性を確保しております。

 

TSAシリーズ

TSAシリーズ

項目 TSA-0510/50-C-11
光学倍率 0.5 1.0
有効撮像寸法 6.6×8.8mm
視   野
通常
1/3”=3.6(V)×4.8(H)
1/2”=4.8(V)×6.4(H)
2/3”=6.6(V)×8.8(H)
視野=CCDカメラ有効撮像寸法(縦。横)
 
上記式により求められます。
効撮像寸法は素子により異なりますのでカメラご確認の上導出下さい。
作動距離 55mm
物像間距離 243.5mm
バックフォーカス 57.59mm
F  値 F/1.9 F/2.5
歪曲収差
1/3”
1/2”
2/3”
 
-0.016%
-0.032%
-0.072%
 
-0.002%
-0.006%
-0.021%
フランジバック 17.526mm
マウント形状 C
フィルターサイズ  
オプションの文章
Sample・応用例の文章
サポートの文章

ページの先頭にもどる