Gyoromegane

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

より広い視野を得るために
世の中を丸くするために
そして やさしく生きるために

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

◆きっかけ

 
この製品の開発動機は一人の網膜色素変性症の方からのmailにて始まりました。

それまで聞いたこともなかったこの病気は徐々に視野が狭くなり、視力を失うこともある遺伝性の病気で、治療法が確立されていない難病であることを知りました。

視野を広く持つということは誰もが生きて逝く上で必要なこと。

私共にできることとしてGYORO8をベースに「Gyoromegane」を作ってみました。

他に視野狭窄症などにも有効であれば何よりです。

 
カタログ
 

【丸子中央病院 野原先生】


  Gyoromeganeを発表と同時に丸子中央病院の野原雅彦先生が注視。
平成25年11月16-17日に福岡で行なわれた、第54回視能矯正学会にて発表をされ、その原稿を昨日(2013年11月28日)わざわざ持ってきていただいた。
一年以上も経って初めてお会いした野原先生は気さくな方で、要点のみを話される端的な先生。
人に思いを伝えるということはこうでなくてはならない。
早速Gyoromeganeの特徴欄に掲載をすることとなる。
モノづくりで大切なものは現場の声。と同時に如何にリーズナブルに作るか?
大手は市場がなければモノづくりはしない。
でもそれでは困った人を助けることはできない。
自分にできることは何なのか?
自分の知らないところで多くの方々から意見をもらえれば・・・
こんなうれしきことはない。
Gyoromeganeの次の目標が見えだした気がする。

丸子中央病院をはじめ安曇野赤十字病院、信州大学、諏訪赤十字病院、富山病院の眼科関係者の方々にお礼を申し上げます。

超広角魚眼レンズによる視野拡大についての検討  pdf

視野拡大(Gyoromegane)の特性  pdf

   
  
人工視覚 胎盤・粘膜から角膜 視力低下に飲み薬 近視睡眠中に矯正
ご購入希望の方は下記までお問い合わせください。
  Tel   : 0266-26-1400
  Fax   : 0266-26-1401
  E-mail : fit@fit-movingeye.co.jp

ページの先頭にもどる