カラーレフェリー


カラーレフェリー

カラーレフェリーは、非接触でワークの色を判定します。

■非接触判定

判定を行うには、ワークをカメラの下へ置くだけです。

カメラの映像は、画面で確認することができます。

判定領域は画面で確認しながら、位置、大きさ、(四角、円、楕円)を自由に設定できます

 

 

■面計測

判定領域の大きさは自由に設定できます。

判定データは判定領域内の平均値から算出されるので、安定したデータを得ることができます。

今まで難しかった立体物や、異なる色を含むワークでも判定することができます。

 

■L*a*b*マップ

カラーレフェリーでは、色の判定にL*a*b*表色系を採用しており判定データをグラフ表示することができます。

色の差をグラフから視覚的に読み取れますので、補正方向や色差を簡単に読み取ることができます。

 

 

■位置合わせ

基準となる画像を保存できます。

保存した画像との位置合わせ機能を搭載していますので、繰り返し計測を行うときでも素早く、正確に位置を合わせられます。

 

 

■色抽出

特定の色のみを抽出しながら判定をすることができるので、どうしてもハレーションを発生してしまうようなワークでも、安定した判定を行事ができます。

もちろん、色を指定して抽出し、判定を行うこともできます。

 

■トレンドグラフ

判定データをトレンドグラフとして表示できますので、色の変化を時間軸に沿って確認することができます。

ロギング機能と組み合わせれば、様々なデータ処理、解析処理を行えます。

 

 

■ロギング

判定データは、リアルタイムで画面上に表示することができます。

判定している色は、L*a*b*表色系で表示され、マッピング表示、トレンドグラフ、数値表示をいつでも切り換えることができます。

判定したデータはCSVフォーマット形式で保存することができるので、他のアプリケーションを使用して加工することができます。

 

■印 刷

判定したデータは、印刷プレビュー画面で確認しながら、マッピング、トレンドグラフ、数値表示を自由に組あわせて印刷することができます。

 

■アプリケーション

・小豆の色選別

・地色による色選別

・印刷物の色判定

・立体形状の色判定

カラーレフェリーは、非接触でワークの色を判定します。

■非接触判定

判定を行うには、ワークをカメラの下へ置くだけです。

カメラの映像は、画面で確認することができます。

判定領域は画面で確認しながら、位置、大きさ、(四角、円、楕円)を自由に設定できます

 

 

■面計測

判定領域の大きさは自由に設定できます。

判定データは判定領域内の平均値から算出されるので、安定したデータを得ることができます。

今まで難しかった立体物や、異なる色を含むワークでも判定することができます。

 

■L*a*b*マップ

カラーレフェリーでは、色の判定にL*a*b*表色系を採用しており判定データをグラフ表示することができます。

色の差をグラフから視覚的に読み取れますので、補正方向や色差を簡単に読み取ることができます。

 

 

■位置合わせ

基準となる画像を保存できます。

保存した画像との位置合わせ機能を搭載していますので、繰り返し計測を行うときでも素早く、正確に位置を合わせられます。

 

 

■色抽出

特定の色のみを抽出しながら判定をすることができるので、どうしてもハレーションを発生してしまうようなワークでも、安定した判定を行事ができます。

もちろん、色を指定して抽出し、判定を行うこともできます。

 

■トレンドグラフ

判定データをトレンドグラフとして表示できますので、色の変化を時間軸に沿って確認することができます。

ロギング機能と組み合わせれば、様々なデータ処理、解析処理を行えます。

 

 

■ロギング

判定データは、リアルタイムで画面上に表示することができます。

判定している色は、L*a*b*表色系で表示され、マッピング表示、トレンドグラフ、数値表示をいつでも切り換えることができます。

判定したデータはCSVフォーマット形式で保存することができるので、他のアプリケーションを使用して加工することができます。

 

■印 刷

判定したデータは、印刷プレビュー画面で確認しながら、マッピング、トレンドグラフ、数値表示を自由に組あわせて印刷することができます。

 

■アプリケーション

・小豆の色選別

・地色による色選別

・印刷物の色判定

・立体形状の色判定

外観の文章
仕様の文章
オプションの文章

■面計測

判定領域の大きさは自由に設定できます。

判定データは判定領域内の平均値から算出されるので、安定したデータを得ることができます。

今まで難しかった立体物や、異なる色を含むワークでも判定することができます。

 

■L*a*b*マップ

カラーレフェリーでは、色の判定にL*a*b*表色系を採用しており判定データをグラフ表示することができます。

色の差をグラフから視覚的に読み取れますので、補正方向や色差を簡単に読み取ることができます。

 

 

■位置合わせ

基準となる画像を保存できます。

保存した画像との位置合わせ機能を搭載していますので、繰り返し計測を行うときでも素早く、正確に位置を合わせられます。

 

 

■色抽出

特定の色のみを抽出しながら判定をすることができるので、どうしてもハレーションを発生してしまうようなワークでも、安定した判定を行事ができます。

もちろん、色を指定して抽出し、判定を行うこともできます。

 

 

サポートの文章

ページの先頭にもどる