【MovingEye Ryubin】  2013年4月16日  新聞掲載  (信濃毎日新聞)

パソコンの処理速度や通信速度の向上により長年の夢が実現し始める。

興味を抱いた人々が集い ものづくりが始まる。

でもそれはプラットホームづくりに過ぎない。

最終目標は魚眼文化創出による社会づくりにある。

きっかけは面白いから・・・

無限の可能性を秘めたものを面白いと感じる。

その面白いもので社会を変えることができれば・・・

右脳型発想のルーツがここにある。

 

2013年4月16日 信濃毎日新聞掲載                                                                                                     

Ryubin(信毎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ MovingEye は、有限会社フィットの登録商標です。

 

                     

ページの先頭にもどる