【Gyoromegane】 2012年7月25日  新聞掲載 (信濃毎日新聞)

2012年7月25日 信濃毎日新聞掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月末に精神保健福祉士の北沢さんからmailが届く。
聞けば網膜色素変性症なる難病の人がいるという。
視界が狭くなりやがては失明してしまう病気。
治療方法もないという難病で、魚眼を覗いたところ視野が広がったという。
ならば何とかせねば・・・
そのめがねが今月頭に完成。
昨日来社することになった。
驚いたのは北沢さん自身が新聞社に取材依頼をかけていたこと。
そのSpeedに感激したとのこと。
まだ評価してもらわなくては何とも言えないのに・・・

試作品のまま新聞記事になってしまった。
結果的に高評価だったためよかったものの、冷や汗ものだった。
きけば地井武雄さんも視野狭窄症だったとのこと。

新聞に記事が載ってから電話が5件。
Mailが3件。
みな励ましと発売時期の確認。
年内とは言っていられない。
一日も早く世に発表しなくてはならない。
僕に出来ることだから、
mailを読み返しては涙し、自分を励ます。

やることだらけ・・・
でも生かされている実感。

うれしいこと。かなしいこと。
人の心も、みんなみんな、まーるくなればいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる